『オーガニック』『無添加』という言葉自体は日本でも身近なものとなりましたが、“本当の意味でのオーガニック”をご存じですか?

オーガニックに対する知識や情報は欧米・欧州に比べ、日本はかなり遅れているのが現状です。現代人が直面する健康問題や社会問題を解決できる強力なツールとなり得る『オーガニック』は、今後日本でも、需要の高まりと共に身近なものとなり、当り前のように手にとって選択できる時代がやって来ています。

“オーガニック”の本当の意味とは?

一般的には、化学肥料や農薬などを極力使用せず、遺伝子組み換え技術を利用しない、本来ある自然環境を大切にした農業、水産業、畜産業、また加工方法全般を指す言葉として用いられています。

ですが、実は、本当のオーガニックの意味とは、モノや手段だけを指すことではないんです!


国際機関《IFOAM》(=日本政府だけでなく、世界各国の有機農業の基準がこの機関のルールに基づいて定められています)では、

オーガニックの基礎基準となる4つの原則が掲げられています。


生態系の原則

<自然の生き物との関係性を大切にし、自然に優しい>

自然界の生き物同士の”相互作用”=”生態系”。人間の都合に無理やり合わせて生態系のバランスを壊してしまわぬよう、地域の生態系や自然に備わった力を活用して農業は営まれるべきであります。

健康の原則

<私たち自身の健康は、自然界すべてが健康であることで成り立ちます。>

人や動物の健康は、健康な植物があって成り立ち、その植物が健康に育つには、健康な土や水などの自然環境があってのことです。土・水・動植物・地球・人の健康は個々別々に考えてはいけません。

公正の原則

<関わる人にとってフェアです>

すべての人が公正な関係で結ばれ、地球環境や全ての命が平等に尊重され、大切に扱われます。十分な食事を摂り、よりよい生活を提供されるべきという概念のもと、貧困の撲滅、児童労働の禁止、フェアトレード、動物福祉の推奨を行います。

配慮の原則

<人と人、人と自然がお互いを思いやっています>

生産性の向上や効率化を目指す上で使用される技術やその開発が、誰かを苦しめるものであってはいけません。予防原則に基づき他の健康や幸福を脅かさない、全ての命がよりよく生きられる技術のみ使用します。

つまり、本当の“オーガニック”の意味とは、人・動物・植物、関わる全ての命を大切にし、幸せにする『仕組み』のことなのです


あまり知られていない日本の現状

『国産のものは安心安全だ』と思っている日本人は多いと思います。私自身もそんな風に思っていた一人です。

ですが実際のところ日本には、世界と比べて残念な世界一がたくさんあります。

①規制が緩く、農薬使用量が世界で断トツTOP

②食品添加物の認可数、生産量、使用量が世界一

③国の農薬残留基準は安全とは言い切れない


生産者は買われるものを作る。買わなければ作られなくなる

①あらゆる不調の原因となる<冷え>を取り、身体を深部から温め、体質改善へ導きます

②現代人の身体に蓄積された<有害物質>の排出を促し、本来の生体機能を高めます

③自分の健康は自分で守るという意識を高め、あらゆる生活の面で、最適な選択が出来る知識と情報を提供します

  • やりがいのある仕事で収入を得ることができます
  • 独立開業が実現します
  • お客様から喜ばれるという感動が味えます
  • お客様と接することで自分自身が磨かれます
  • 新たな人脈ができ、人生の幅が広がります
  • 開業サポート・経営サポートが受けられます
  • 材料・備品を会員価格で購入できます
  • 協会ホームページに各サロン名・住所などを掲載できます
  • いつでも自分自身のケアができます
資格取得はどんな人におすすめなの?
  • 手に職をつけ、自立したい
  • 感動を与え、喜ばれる仕事がしたい
  • 副業がしたい
  • 体力を使わずにできる施術がしたい
  • 省スペースを活かしたい
  • 人件費をかけず売り上げアップを図りたい
  • ヒーリングの一環として導入したい
  • 介護福祉事業の一環として導入したい
  • 育児や介護をしながら、空いた時間を活用したい
  • エステサロンや整骨院、整体院、スポーツジムのメニューとして導入したい
  • 従来のよもぎ蒸しをハーブセラに変えたい、など
資格取得するには?

アドバイザーの資格を取得するには、一般社団法人日本プラナハーブセラ協会認定講師が実施する養成講座を受けていただきます。その後、講座修了証が授与され、安心して即実践することができます。

年齢・性別・場所・流行問わず、長期にわたり事業として成り立ちます。

ハーブセラアドバイザー養成講座について

座学、実技を通して、健康の定義・ハーブの歴史・質・香り・波動・幸せ体質に変わる呼吸法など、健康維持の基本とハーブセラ全般について学んでいただき、適切なアドバイスと安心のサービスを提供できるレベルの高いアドバイザーとして、地域の皆様の健康維持に貢献していただける人材育成を目指します。

☆養成講座を受講するには協会への入会が必要です。
☆施術には「ハーブセラ」を使用することが義務付けられています。

資格取得~開業までの流れ
STEP.1当サロン又は協会本部へお問い合わせください
こちらから
STEP.2受講場所・受講日程のお打ち合わせ
STEP.3受講申込書をFAX/受講料をお振込み
STEP.4講座受講(1day/4時間)
STEP.5ディプロマの発行
STEP.6ハーブセラサロン開業
受講料
アドバイザー養成講座受講料
入会金¥10,000
授業料(テキスト代含む)¥45,000
登録認定料¥10,000
合計(税別)¥65,000

まずはお気軽にお問い合わせください

☑まずはハーブセラの体験をしてみたい

☑ハーブセラサロンの雰囲気を見てみたい

☑もっと詳しく話を聞いてみたい

など、どんなことでもお気軽にご相談ください。


よくあるご質問

Q.どのくらいのスペースがあればできますか?

イス1台につき半畳のスペースで行えます。

Q.どのようにしてハーブを炊くのですか?

電気コンロと土鍋を使用して炊き上げます。

Q.マンションの一室や、畳の部屋でもできますか?

はい、できます。マンションの一室でも、換気ができるお部屋でしたら大丈夫です。当サロンも和室(個室)で行っております。イスをセットする部分に防水タイプのカーペットなどを敷くと、お手入れが楽になるかと思います。

Q.ハーブの蒸気は漏れますか?

マントを羽織るため、蒸気はほとんど漏れません。湿度は多少高くなります。終了後は、換気をするか、除湿器をかけることをおすすめします。

Q.サウナや岩盤浴のように息苦しくなりますか?

首から下のマント内だけが蒸気で覆われるため、息苦しくはなりません。サウナや岩盤浴の苦手な方でも、気軽にお試しいただけます。また温度調節が可能ですので、熱すぎる場合は温度を下げるようお申しつけ下さい。

Q.イスなどの備品は1セットはおいくらですか?

施術用のプラナハーブやイスなどの備品は協会会員価格でご購入いただけます。イメージ呼吸に最適なイスや、マント・鍋・コンロなど、1セット約5.5万円~ご準備しております。

Q.備品は単品で注文はできますか?

はい、できます。

Q.マントは洗えますか?

はい。洗濯機で洗えます。カビ防止のため、良く乾かしてください。

Q.施術の際、他社のハーブを使用することはできますか?

申し訳ございませんが使用できません。プラナハーブセラの特徴は、使用するハーブの「質」「香り」「波動」と”施術法”にあります。何度も研究を重ね、人体にとって最適なハーブを使用しています。他社のよもぎハーブの使用は、ご遠慮いただいております。

お問い合わせ&お申込みフォーム

    性別 (必須)
    女性男性

    現在のご職業 (必須)
    セラピストエステティシャン整体師その他美容業その他治療家主婦自営業会社員パート・バイト学生無職その他

    ご希望内容をお選びください (必須)
    無料相談(ご来店又はZOOM)ハーブセラ体験アドバイザー講座受講その他